HEXのマスとタップの座標をデータ化する


2017年 5月27日
 
 
 まずマップに番号を割り振る。


 国(?)が 25あるのが分かる。
 
 
 今度は色々と使う事になると思うので HEXの座標をあらかじめ配列変数で DATA化してみる。

 座標計算したものを hxyd(n1,n2)の 2次配列変数に格納し hxyd.datというデータファイルにして出力する。


 
 
 これで次のプログラムだけで良くなる。


 
 
 次にタップ座標を作ってみる。

 これは 6角形上に座標を取るのは難しいし、円形状にシャレてみても複雑で処理が重くなるだけだし、あまり隣接しても誤動作が多くなるだけだと思うので、そりゃもう適当に四角形上に座標を取ってみる。

 とりあえず、こんなもんかなあ。

 これも.datファイルにして DATA化する

 
 
 テストプログラム

 分かり難いけど上の真ん中に赤字で現在のマスが表示されている
 
 
 めんどくさいけど、アンドロイド実機でもテストしてみる。

 できました

 
 
 今回はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。