Android版、SDK、JDK、NDK、Apache Antの説明


 2016年 3月 10日辺り。

 カードゲームも 6割型出来てきたので、この辺でいよいよ Androidでテストする事を考える。

 実機(スマートフォン)の用意も並行して考えていくとして、まずは HSP Dish helperの Android版で使う SDK、JDK、NDK、Apache Antの準備から始める。
 
 
 しかしその前に、素人には SDKとか JDKとか NDKとか似たような言葉が並んで、なんの事かさっぱりだし、インストールを進めていくにしても実にややこしいので、今回はそもそもそれらが何であるのかの解説をしてみたいと思う。

 そんなのいらんから準備だけ始める、と言う人はすっとばして次の記事へどうぞ。

 

 まず SDK
img00756

 SDK(Software Development Kit)ソフトウェア デベロップメント キット、というのは Android(アンドロイド)に限らず、ゲームとかOSとかソフトとか、プログラム全般に対する開発キットの総称。

 デベロップメントは「作る」。

 アンドロイドの場合は Android SDKという事になる。

 一応、アンドロイドアプリ開発の中核、という事になるのかな。
 
 
 
 JDK(Java Development Kit) ジャバ デベロップメント キット
img00757

 Java開発元であるオラクル(サン・マイクロシステムズ)が無料で提供している、Javaでプログラムを作る基本的なソフトウエア開発キット。

 というよりは Javaそのもの。

 なんで Javaが必要かと言うと、アンドロイドは Javaで作られているから。
 
 
 
 NDK
img00754

 Android NDK(Native Development Kit)ネイティブ デベロップメント キット

 ネイティブというのは別の言語の事を意味していて、この場合 Cや C++言語の事を指す。

 つまりアンドロイドは普通 Javaで作られているが、部分的に(全部も?)C/C++言語を使いたい時に使う。
 
 
 
 Apache Ant(アパッチアント)
img00758

 ビルダー、と言っても自分にも良く分からないが、コンパイラとか.exeファイルにパケッージとか、そういう作業を一括、あるいはオプションで様々な変換作業(ビルド)をしてくれるソフトらしい。

 厳密には違うが、要するにコンパイラ。
 
 
 
 Eclipse
img00759

 Javaの統合開発環境の一つ。

 統合開発環境というのは、テキストエディタとか、コンパイラとか、デバッガみたいのがセットになった「プログラム書くのから、.exeファイルのパッケージまで、全部この一つのGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス(視覚的な操作環境))でできるのさ」というようなものである。

 例えば、HSPもたしか統合開発環境のはず。
 
 
 
 Cygwin
img00760

 Windows上で UNIX(ウインドウズとは別のOS)を仮想的に動かすソフト。

 厳密には違うらしいが、要はエミュレーターの一種だと考えれば良い。
 
 
 
 Android Studio
img00755

 Googleが用意した、アンドロイドアプリ開発用の、専用の統合開発環境。

 HSP Dishでは使わないが、SDKインストール時にセットになってたりして、ややこしいのでとりあえず。

 Eclipseではなくて、こちらで HSPじゃなくて Javaで開発したい、と言う人には良いだろう。

 どの道 HSP Dishには関係無い。
 
 
 
 構成としては3つ考えられる。

 1、HSP Dish helperを使う
 2、Eclipseによる開発環境
 3、Android Studioによる開発環境

 
 
 HSP Dish helperの場合

 使用する開発環境  で使うもの
 HSP Dish helper  SDK
 JDK
 NDK
 Apache Ant

 
 
 Eclipseの場合

 使用する開発環境  で使うもの
 Eclipse  SDK
 JDK
 NDK
 Cygwin

 
 
 Android Studioの場合

 使用する開発環境  で使うもの
 Android Studio  SDK
 JDK
 NDK

 
 
 何でこんな表を書くのかと言うと、とりあえず SDKと Android Studioは別のソフトだと言う事だけ確認しておくためです。

 これだけ把握するのに、おバカな自分はかなり日数を費やして混乱してました(笑)
 
 
 それでは、おおざっぱな把握は以上で、次回から具体的な準備を進めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。