エフェクトチェッカーを作った


2017年 12月31日
 
 
 エフェクトの素材は極力借りる事にして、まずどういうエフェクトかチェックする「エフェクトチェッカー」を作った。

 別にサイトのサンプルで決めてもいいし、RPGツクール用なんだろうから普通はそちらでチェックできるんだろうけど、こちらは HSPだからねえ。
 
 
 こんな感じ

 
 ← →でエフェクト切り替え
 ↑で表示開始
 ↓でアニメの切り替え時間変更
  fpcって書いてある数字だけど、自分の場合 fpsは 20で固定している(1秒に
20回表示)ので、これは何回カウントしたら次の表示にするかになってる。
  つまり 2だったら fps10相当のスピードになる。

 spaceキーで反転表示切り替え
 tabと Enterで表示濃度を +-する
 ctrlキーで透明と加算を切り替える
  透明は gmde3、加算は gmode5、透明の 255濃度で 100%上書き表示になる。
  加算は光ったような表示になるが、背景が明るいと見えづらい。

 数字キーの 1、2、3で表示の仕方を変える
  1は一回だけ、2は繰り返し、3は表示が終わったら次のエフェクトに順次移る。

 数字キーの 4、5で回転表示を +-する
  赤い数字がそれ

 緑表示の x、yは画像の大きさ、aはアニメの数だ。

 右下の窓は、そのエフェクトの背景が透明かそれ以外か見るためのもの。

 なぜかと言うと、透明だと加算でなくても背景色を抜いてくれるのだが、例えば背景が黒だと抜いてくれないらしい。

 こんな感じ
 (「表示」の所に透明と加算と切り替えて書いてあるのに注意)


 
 
 この場合、加算表示で使う事になる

 妖精の上にも表示しているが、背景が明るいと分かりづらいと思う。
 
 
 ではソースを公開する

 
 
 HSPヘコピペすればそのまま使えると思う。
 もしバグがあっても各自で対処してください、ハハ。

 画像は 2次配布に当たるので、それぞれで用意してください。
 
 
 これの欠点と言うか、データを全部手入力しなければいけない事。


 
 
 延々と書かなければいけない(もちろんコピペして修正していくんだけど)
 
 
 後はデータセットの部分のファイル名
 celload “../pic/”+ps(gn),gn ; 画像読み込み

 これは一つ上のフォルダに戻って、別の picフォルダに移るという意味だから、ソースと同じフォルダに画像フォルダを置くなら
 ”pic/”

 フォルダを使わずにソースと同じ場所に画像を置くなら、単に
 ””

 となる。
 
 
 あ、そうそう、それと画面下の方のカード画像は人によって違うだろうから、各自で用意して、ソースもランダム表示になってるけど、その部分は改造してね。
 
 
 という訳で、自分はこれを見ながらどのエフェクトを使うか選ぶ事にする。
 
 
 次回の課題は戦闘プログラム中に、どうエフェクト表示を差し込んで、エフェクトのウエイト時間を取るかだねえ、う~ん頭いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。