CC、webGL版で体験版を作る


 2016年 10月2日~3日
 
 
 という訳で、まずは webGL版(ブラウザ版)で体験版を作る事にした。

 しかし一向にうまく行かない。

 
 とりあえずこの Cannot enlarge memory arraysはメモリ不足だと思うから
img01215

 メモリを増やしてやれば良い(という訳でもなく、データファイルとソース内の指定が違っても出るようだ)
img01216

 たしか初期値(空白で)は 16MB。

 う~む真っ黒で -1と表示される、なんだろう?
img01217

 ググっても情報が無いので分からない。
 (後で分かったが、読み込めないデータが有る、という事らしい)
 
 
 そうだ、思いだした。

 アンドロイド版だと音楽データは assetsに放り込んでるけど、webGLだと画像データと同じフォルダに入れないといけないんだった。

 という訳で画像データと音楽データを一緒にしたデータフォルダを作る
img01218
 
 
 それでは、そのデータフォルダを指定してと・・・
img01219

 32MBでもメモリオーバー?
img01220

 じゃあ 48MBにしてみる
img01221

 え?まだ足り無い?
img01222

 64、80、128と試しても足りないので、256にしたら足りたようだが、また -1。
 (後の章で 40MBで決着、ちなみに本体の全サイズは21MB)

 ファイルの長さかと思って一番長いファイルのを一つテストで別にやってみたけど別に問題ない。
 
 
 ダメだ、サッパリ分からない。

 ここで、そう言えば webGL版を作る前に、まずPC版(ウインドウ版)で体験版を作るのが先だったよなあ、と言う事を思いだす。

 仕方ないので PC版を先にしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。