Hextrategy 有料版早期アクセス(oβオープンベータ)をプレイストアにアップする


2021年 1月 9日
 
 
 有料版を LIGHT版とは別に、新たにプレイストアへアップします。

 今回もレポート形式で順を追ってやってみましょう。
 
 

1、新しくアプリを作成する

 まず今までのパッケージ名 hsp20200505.hex_test10とは別のパッケージを作ります。

 hex_test10は分かりにくかったので、改めて hextrategyとします、大文字ではできないようです。
 
 

 できました

 AndroidManifest.xmlを見てみます。

 hsp20210109.hextrategy この形式でないと作成されない(パッケージ名は空白で新規作成、たぶん間に.を入れないといけない)ようなので、これでいいかな。
 
 
 パッケージ名を決定するために hextrategyで作りましたけど、これだとアプリ名が hextrategyになるので、もう一度 HEXTRATEGY_OB100で作ります。

 パッケージ名に先ほどの hsp20210109.hextrategyを書いて新規作成します。

 hsp20210109.hextrategyというのがグーグルストアに通しで登録される名前になります。

 確認のために hextrategyで作りましたけど、形式が分かってるなら一つ目は作る必要は無い事になります。
 
 

 これだと例えば hextlategy.lightとか hextlategy.obとかにできるのかな、と思ってやってみましたけどできませんでした hsp20210109.hextrategyが限界みたいです。

 assetsフォルダにデータを入れ


 
 
 hspフォルダに hsp3dish.iniを入れて


 
 
 ソーススクリプトをセットしてビルドします


 
 
 できたようなので今度はリリースビルドをしてみます


 
 
 キーを求められます、同じでいいのかな。


 
 
 できたようです


 
 

2、Google playコンソール 新しくアプリを作成する

 さて、新しくアプリをアップロードするにはどうしたら良いのか?

 一度全てのアプリを押して


 
 
 
 すべてのアプリのページにしてからアプリを作成を押す


 
 
 
1月 14日

 アプリ名は HEXTRATEGY
 言語は 日本語
 アプリ/ゲーム ゲーム
 無料/有料 今回初めて有料に挑戦する
 デベロッパープログラムポリシー/米国輸出法 チェックを入れる

 アプリを作成を押す。
 
 
 次の画面。

 これを一個々処理しないといけない

 販売アカウントを作成する、だけはずいぶん前に中途半端にやったはず。
 
 
○ アプリのアクセス権

 特別な事はしてないはず。
 
 
○ 広告

 AdMobは使ってないから、これでよいはず。
 
 
○ コンテンツのレーティング

 うわ出た、またこれをやるのか・・・

 前にやった事なのでレポートはカット、2度目なので 3分くらいで適当に答えられた、つきあってられない。
 
 
○ ターゲットユーザーおよびコンテンツ

 前のレーティングで暴力(戦闘要素がある)をチェックで入れると 10歳以下はダメだったかな。

 前も言ったような気がするけど、それだとドラクエの戦闘でもダメになるような。
 
 
 子供の興味を引く

 子供の興味を引く「大人向けの画像が説明表示に入ってる」とかだったかな?
 
 
 保存で終わり


 
 
○ ニュースアプリ


 
 
○ アプリのカテゴリを選択し、連絡先情報を提供する

 カテゴリはシミュレーションかな

 
 
 タグを管理を押すと細かいタグを関連付ける事ができる

 ?にカーソルを合わせると説明が見れる。

 今回は関連するのは「ウォーゲーム」くらいかな。
 
 
ストアの掲載情報に表示する連絡先の詳細

 前回やったものを参照に、電話番号は書かなくていいみたい。
 
 
外部マーケティング

 どういう事なのか意味が分からない、とりあえずそのままにしておくけど。

 全部終わったら保存を押す。
 
 
 
1月 16日

○ ストアの掲載情報を設定する

 これも前にやったのを参考に進める。
 
 
アプリの詳細

 製品版想定で改めて適当に書きます。


 
 
グラフィック

 とりあえず前と同じものを適当に放り込む、後できちんとしたものに差し替えたい。

 しかし、今回はフィーチャーグラフィックスというものも提出しないといけないみたい

 何に使うのか知らないけど(グーグルプレイでの特別な紹介の時?) 1024 × 500の JPEGが 24ビット PNGを用意しないといけない。

 めんどくさいので、アイコン画像を左右貼り付けただけのものを、とりあえず UP。

 512 × 512のアイコン画像と、上記のフューチャー画像、スマホでの説明用のスクリーンショット、この 3つは最低限上げないと保存できないみたい。
 
 
 
1月 17日

○ アプリの価格を設定する

 価格設定テンプレートを管理

 テンプレートを作成

 これまたよく分からない。

 テンプレートなので、価格の設定をしたものをこの名前で保存しておき、アプリ毎にテンプレートを貼り付ければその都度価格の設定をし直さなくて済む?

 なぜこんな仕様なのかと言うと、たぶん価格の設定が国毎(通貨)事に別々に(ザッと見で 100種くらい)できるからではないかと思う。
 
 
価格を設定

 デフォルトの価格の所へ金額を入れる

 すると各国の通貨も自動換算される。

 国別に金額を入れる事もできる。

 価格の適用を押す。

 保存を押す。


 
 
 改めてテンプレートを指定して変更を保存を押さないといけないみたい、ややこしいなあ。


 
 
 これで全部終わったけど下書きになってる。

 後は何だろ?
 
 
 何かリリースが無い事になってるけどなんで!?

 まだアプリのアップロードはして無かったんだっけか。
 
 

3、アプリをアップロードをする

 これで改めて oβのアプリをアップロードする。

 アップロードする前にキーの設定をしなければいけないらしい。

 今回は前回の設定そのままらしくて次へを押したら終わった。
 
 
 それでは.APKファイルをアップロードする。


 
 
 アップロードできたようなので保存を押す。


 
 
 これで終わりじゃなくてリリースのレビューを押す


 
 
 地域が設定されてない?


 
 
 国、地域を追加


 
 
 とえあえず日本だけ公開


 
 
 今度は大丈夫だろう

 オープンテストとしての公開を開始を押す。
 
 

 公開を押す。
 
 
 これにてやっと審査中になるらしい。


 
 
 これで終わりじゃなくて、まだ見直さないといけない事があります。

 時間が空いたので一旦記事にします。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。