アイコン(.ico)を作ろう


2016年 10月9日~13日
 
 
 次にアイコンを作る事にする。

 これがまた意外と分からなくて手間がかかるので、一つの記事にする事にした。

 
 まあ HSPの.exe(実行)ファイルとアンドロイドアプリのアイコンは同じでいいかなあ。

 サイズも作り方も分からないのでググる。

 う~ん一応ルールはあるみたいだけど、アンドロイドの場合は、何でもいいっちゃいいみたいでもある。
 
 
 【アプリアイコン制作】必要なアイコンサイズまとめ&気をつけたいこと ニホン ケイ・テイ・アール ジッケンシツ さんのページ

 Google公式のアイコンのガイドライン
 
 
 色々見てみたけど、結局なんのコッチャよく分からん。

 16×16ドットの倍数でpng形式
 .icoは1つのファイルに複数のサイズを含める事が出来る
 32、48、72、96、144、172、192ドット、それからグーグルプレイ用に512ドット(512はアイコンでは無く別でした)
 一つしか用意して無くても、拡大縮小して表示される
 
 
 う~ん、要は png形式で 512×512ドットの画像を用意して .ico変換ソフトで幾つかの大きさをまとめれば良いと言う事?
 (512ドットは pngで用意する画像で、icoでは無いため 192か172ドットくらいで用意する)

 とりあえず、その方針でやってみるか。
 
 
 GIMP2で描いてみる。

img01249

 何でかと言うと.ico形式が使えるから。

 ベース素材はコレ
img01250

 ニコニコ静画のシャン・グリラさん

 カードの裏模様に使わせてもらってるけど、いちいちクレジットには書きませんでした。
 ので、ここで(笑)感謝です。
 
 
 公式のガイドラインを翻訳して読んでみる事にする(Firefoxの翻訳機能はたしかプラグイン、Chromeには始めからある)

img01252

 う~む、よく分からんが設計図と
style_logos_product_grid_logo_keylines_kakou

 禁則をザッと参照するくらいかなあ。

 後は難しくてよく分からん。

 手元の実機のアンドロイドのアイコンはどれもバラバラで、このガイドラインを意識してるともそんなに思えないし・・・。
 
 
 まあとりあえず試作しよう。

 GIMPでまず枠を作って
img01253

 GIMPには角丸の機能があるので助かる。

 裏絵のサイズを変更して枠の境界線に影を入れて
img01254

 2時間くらい思考錯誤したけど、どうにもうまく行かない
img01255

 配色的に小さくなると文字が分かりにくい。
 う~ん、グラフィックは課題だなあ。

 時間が無いのでこのまま仮で行く。
 
 
 なにがなにやら分からんが、とにかく512ドットをレイヤー複製して「レイヤーの拡大・縮小」で縮小していく。

img01256

 大きさは、32、48、72、96、144、172、512ドットにしたけど、512ドットなんて使うのかなあ?
 (最大 192ドットで OK、たぶん3種類くらい用意すれば、後は拡大縮小で表示してくれるのはないだろうか)
 
 
 .ico形式でエクスポートする
img01257
 
 
 う~ん、これで出来たと思うんだけどどうかなあ。
 
 
 試しに HSPの.exeファイルに当ててみる。

 書き換えソフトはいくつかあるだろうが、なんとなく以下を使ってる。

 Let’s HSPIC! Let’s HSP!さんのページ
 
 
 アイコンと
img01258

 txt情報を用意して(;の行はコメントアウトで使われない、改造元のトランスミッター書いてるな(笑))
img01259

 Let’s HSPIC!を立ち上げて、exeファイル、icoファイル、txtファイルをセット
img01260

 Change!ボタンを押して、できた。

img01261
img01262

 大アイコン
img01263
 
 
 んむ、一応これで winPC版は完成だ。

img01264
 
 
 しかしこれは販促用なので、発表はアンドロイド版の製品版が UPされてからになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。