CDW 戦闘用ミニマップを表示する


2021年 11月 22日
 
 
 なんと 40日あまりも目を使えない状態が続きました。

 目に細菌だかカビだか入ったらしくて、結局市販の抗菌目薬を 2週間程さして治しましたけど、眼科にも行きましたけど原因を特定してもらえず未だに原因は不明です。
 
 
 それでは続きですけど、本記事は目を悪くする前に作った部分です。

 戦闘表示画面の攻守の国だけ取り出して表示するミニマップ表示を作った。

 なぜこんな表示になっているのかと言うと、全マップを表示しながらサイコロアニメを表示すると FPS20出ないため、画面切り替えで戦闘表示だけする事にしてる。
 
 

 まず、それぞれの国のマップ y座標の上辺と下辺がいくつか調べて変数に格納しておく。

 ldhx1(n) = その国の左端座標
 ldhx2(n) = その国の右端座標
 ldhy1(n) = その国の上端座標
 ldhy2(n) = その国の下端座標

 cnt値 = 国のNo.
 
 
 それから今回、改めて HEX枠表示の最外周もチェックするように改造した。

 表示されない外の枠線の事、今までは計測してなかった。


 
 

 真ん中へんの{ }で書いてある部分が付け足した所、最外周を計測してチェックする。
 
 
 
 ldhx1(最左)、ldhx2(最右)、ldhy1(最上段)、ldhy2(最下段)の座標を元にして戦闘表示の時に抜き出して書き出します。

 攻め込む国と攻め込まれる国の 2国の最左、最右、最上段、最下段の座標を元に表示するマップの幅と高さを特定し、大きさに合わせて描き始め座標(bmpxk2、bmpyk2)を設定して必要部分だけのマップを描き出します。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。