BMPフォントを作る


2018年 1月15日
 
 
 今回は表示関連の一貫として、ダメージ表示の数字が小さいので、それように大きい数字フォントを作りたいと思います。
 
 
 大きさは 28ドットで、これくらいの大きさになると手描きはめんどうなので、PCのフォントを使います。

 MSゴシックとメイリオは「ウインドウズ上で加工した画像なら、商用に使ってもOK」と灰色の仕様らしいので、やはり見た目に良い MSゴシックをとりあえず使ってみます。

 
 まず画像の大きさは、数字 0~9の 10コなので x=280の y=28です


 
 

 
 
 文字の色を選んだら


 
 
 文字ツールで文字を書きます

 フォントは MSゴシック、大きさは 28ドット。
 
 

 
 
 グリッドを半分の 14ドットで表示


 
 
 数字が真ん中になるように調整します

 しかし The Graphicsのグリッド表示は点なので見難い。
 
 
 次に文字のレイヤーの下に透明レイヤーを足します


 
 
 選択範囲の拡張で選択範囲を 2ドット拡張します


 
 
 こんな感じで選択範囲が拡張されます


 
 
 黒い色(縁(ふち)の色)を選んだら


 
 
 選択範囲を塗りつぶします


 
 
 すると数字の縁取りができます


 
 
 つまり下のレイヤーはこうなってます。


 
 
 さらに新規レイヤーを足して、選択範囲を拡張し、別の色で縁を作ると

 背景が複雑でも見えるような 2重の縁になります。
 
 
 
 サンプル、今回はMSゴシックと言う事で、良く分からないので 2次配布に当たらないように画像に SAMPLEが入ってます。


 
 
 ソース、HSP Dish用のプログラムです。

 
 
 
 これは 6色作ったもの

 太字の方がいいかなあ。

 まだ調整がいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。